ゲストが来やすい立地か

結婚式場選びでは、会場の美しさや料理の美味しさに注目する人も多いですが、ゲストの気持ちを考えると立地もかなり重要です。特に、遠方からのゲストが多い場合は、駅から遠い、または奥まった場所にある式場は負担が大きくなります。みんなが気持ちよく参加できるためには、できるだけゲストの負担が少ない立地を選ぶと良いでしょう。また、高齢や妊娠中のゲストがいる場合は、送迎バスがあるかどうかも確認することをおすすめします。

披露宴会場の広さは十分か

結婚式場を見学するとき、披露宴会場の収容人数について説明を受ける機会があるでしょう。しかし、最大収容人数はあくまでも「最大これくらいまで入れます」という数字であるため、予想よりも狭く感じることがあります。たとえば、7人掛けの円卓があったとしても、実際には6人の方が快適に座れることも少なくありません。ゲストの人数にピッタリ合う披露宴会場を選ぶと、当日手狭に感じる可能性が考えられます。そのため、招待したいゲストの人数に対して、余裕を持った広さの披露宴会場を選ぶようにしましょう。

ドレスの持ち込みができるか

式場によっては、提携サービス以外のドレスは持ち込めない、または持ち込み料が発生する場合があります。そのため、ドレスへのこだわりが強い人やドレス代を節約したい人は、ドレスの持ち込みができるかどうかを確認しておきましょう。ドレスの持ち込みが自由であれば、多くの選択肢の中から着たいドレスを選べますし、格安のドレスを持ち込んで費用を節約することができます。

京都の結婚式場には国の文化財や名勝を舞台にしたものがあります。京都らしい景観を楽しめる、コース料理として京料理が振る舞われるなど、古都ならではの良さを生かした特徴があります。